有栖川の家




隣家が近接した土地の制約のなかで、敷地目いっぱいに計画した延床面積およそ32坪のお住まいです。
ご家族が集まるダイニングにはハイサイドライトを設け、空間全体が明るくなるようにしました。
ダイニングとリビングは、ひとつながりでありながら、天井の高さやしつらえに変化を加えることで、
それぞれの居心地の良さを感じられます。
1階の床にはクリ材を採用し、ヒノキやスギとはまた違った表情がうかがえるのも特徴です。
造作のベンチ、テーブル、カウンターは贅沢にすべてタモ材で統一し、ナチュラルで端正な印象に仕上げました。

玄関。

キッチンからリビング・ダイニングを見る。

東側に設けたハイサイドライトからやわらかい光が差し込む。

梁を現したダイニングキッチン。

造付けのダイニングテーブルとベンチ。タモ材で造作。

キッチンからリビングをみる。

2階の書斎は杉板張りの勾配天井。

障子越しの光が心地良い。

造作の収納棚。ベンチがあり、読書空間に。

夕景。

■場所:
京都市右京区嵯峨野有栖川町
■完成:
2018年10月
■規模:
延床面積 106.06㎡(32.08坪)
■設計・施工:
十木舎
■写真:
垂見孔士氏